昭和村

火の用心の日の由来

今日は、12月12日。火の用心の日です。

村のおばちゃんは、毎年この日に [十二月十二日]と[火をつけても燃えないもの]を書いているそうです。

昔は、茅葺き屋根の家でしたし、さらには家の道具の殆どが

木材で作っていたのもあり、「火事はモノだけでなく信用も無くす」とよく言ったみたいですね。

私が好きな話は、この十二月十二日の由来なんですが、

日 から反対に読むと「ヒ(日)ニ(ニ)トオ(十)ク、ツキ(月)ニ(二)クイ(十⦅九と一に分けて⦆)(火に遠く 着きにくい)」って言う意味なんですって。

昔から伝わるダジャレのような由来ってなんだか面白いです。

暖をとるこの季節。昭和村も雪の季節に入りました。根雪はまだですが、火の用心火の用心ですね。

世界最小クラスのハッチョウトンボに会いにー矢の原湿原ー

晴れたので、久しぶりの【矢の原湿原】散策に行ってきました。

とある宿から車で10分のところにある日本で2番目に古いとされている湿原です。

矢の原湿原は、珍しい希少なトンボがいる場所でもあるのです。

世界最小クラスのトンボ《ハッチョウトンボ》がいるとはきいていたものの、ちゃんと探したことないなあ、ということでいざ散策!

会えたらいいな、と思って歩いていたら、まさかの木道脇に発見!小さいサイズも可愛いけど真っ赤な色がまたステキ★その大きさは大体親指にのるくらいのサイズです。

矢の原湿原は、駐車場に車を停めてか散策するとだいたい1時間くらいのコース。途中、《代官清水》という名のスッキリとした旨さの湧き水が湧いています。蕎麦打ちや珈琲のためにくみに来る人がたくさんいる場所なのです。他の場所の湧き水と飲み比べもいいかも。(とある宿の湧き水も矢の原方面から湧でています)

清々しい気候の中、緑に囲まれて散策は気持ちいですね。

昭和村の空気の美味しさ感じます。

昭和村にお越しの際は是非 散策にお出かけくださいね♪

とある宿のゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク。3日はあるじの学生時代のゼミ仲間夫妻や、秘境系旅行会社の元同僚で今は[おもしろ旅行社http://omoshiro.jpn.com/]設立のご家族、バイクで寒ーい思いしてたどり着いてくれたライダーさん、ゲストハウス2回目でとある宿を選んでくれた旅人さん、5日は女子会ナイトで、昭和村に住んでいた仲間が帰って来たり、只見に自然散策しにきた自然派女子がきてくれたり(写真撮りそびれましたz^^;。)。

合間に村の方からウルイの束をいただいたり、この時期よく食べられている、あるじの好物ササマキの差し入れもいただいて、なんともゴールデンな日々でした。

とある宿初めて!の方も多かったですが、なんか落ち着く…と言っていただいて、それは嬉しい褒め言葉いただいたなあ。と皆さんが帰られたあとジンワリ感じたのでした。

宿の看板娘も人見知り減って来たかなあ。

たくさんお兄さんお姉さんに遊んでもらって、楽しかったようです。

皆さん、本当にありがとうございました!

また遊びに来てくださいねーっっ!楽しみに待ってます★

昭和村の桜の時期

ーとある宿のあるじ日記は、こちらに引っ越しました。ー

昭和村にも春が訪れて、毎年くるツバメもきましたよ。

暖かい日が続いたのもあって、日当たりのいいところにある桜はつぼみが膨らんで来ましたが、毎年見られるのは5月のゴールデンウィークころ。水芭蕉の群生が見られる時期とほぼ同じなんです。でも今年の桜はちょっと早めの4月末かもしれないなあ

村のお母さん方とお話ししてたら、桜の木は植えても小さい時に雪の重さで折れてしまうので、なかなか大きくするのが難しいそう。桜の名所のような場所はないのですが、昭和の森キャンプ場近くの401号沿いの桜や村のいたるところにある大きな桜の木は本当に綺麗です。

とある宿の窓からは、裏の気多神社の大きな桜がよく見えるので毎年この時期が楽しみです。

**************************************

からむし(苧麻)とカスミソウの福島県奥会津昭和村にある

古民家ゲストハウスとある宿

Facebook https://www.facebook.com/toaruyadoShowamura/Twitter @toaruyado Homepage www.toaruyado.com**************************************