ご挨拶

古民家ゲストハウスとある宿へ ようこそ!

古民家ゲストハウスとある宿へ ようこそ! 福島県の奥会津地域にある山間部の村「昭和村」 ここには、懐かしい田園風景。あたたかな人。湧き出る清水。 なんにもない。でも誰もが懐かしく感じるこの村に 「故郷ができた」と思って何度でも足をはこんでもらいたい。 そんな想いが広がって【とある宿】をオープンすることになりました。 ぼーっとすごして 温泉につかるのもよし。連泊して自然散策にあけくれながら、村の人とおしゃべりに花を咲かせるのもよし。 なんにもないから、何か感じるこの村で自分なりの村時間をすごしてみませんか?

あるじの自己紹介。

その昔。ベトナムを旅していたら、1階がカフェと旅行会社になっていて、2階が宿泊スペースになっている安宿(ゲストハウス)街をみつけました。こんなの日本にあったらいいのにな・・・。とぼんやり思い描いたのは学生時代。 旅の企画がしたいと海外の旅行会社に入るも、担当エリアが秘境だったこともあり、人とのふれあい重視の企画はなかなかできず。 海外にばかり目をむけていたので、もっと日本を見てみよう!と会社を辞めて四国八十八か所めぐりに行ってみたら、人の温かさ、田舎の懐かしさにもうすっかり日本にはまってしまいました。 「日本の田舎って素敵。」 知人にそんなことを伝えると、昭和村に来ない?と誘ってくれたので、初めて昭和村を訪れたのは、2009年の春。 ぷらーっと散歩していたら、よくわからない不思議な草が干してある。 「これは何の草ですか?」とその家のおばちゃんに聞くと、おばちゃんは「あがらっしぇ~」とお茶を出してくれました。 お茶の次にお菓子がでてきて、そして最後にはアイスクリーム・・・。 帰りのバスでは、運転手さんが蕨をくれたり、湧水のところでとめてくれたり・・・。   なんって、魅力的な村でしょう。
そんな温かい出来事もあり、「人と人が交流する旅」をつくるには、実際に旅先に住まなければできないんだよな。との想いもあって、2010年の春に 移住を決意しました。 「人はもう観光地への旅はしない、人は人に会うために旅をするんだ」 と恩師の方が言ってた言葉をよく思い出します。 昭和村で村の人と交流しながら滞在してもらって、、「来てよかった。楽しかった」っていってくれて、村の人も「楽しかった!」とか「今度はこれをやってみたらどうかな?」って言ってもらえるようなきっかけ作れたらいいな。 そして、参加者が「ああ、また昭和村の ばあちゃんに会いたいな。あの人元気にしてるかな」と思い立った時に気軽に村に来れるような、そんな仕組みつくれたらなあ・・・。 この宿は2011年9月にオープンしました。まだまだ歩みは遅いですが、 きっかけづくりは少しずつ、少しずつ形になってきています。 小さな過疎の村でも、人が来る魅力が詰まっていること、村内外に発信していきます! 昭和村に、是非遊びにきてくださいね。 あるじ 菅家 麻弓 あるじ
Join the conversation

福島県奥会津昭和村にある農村暮らしができる地域交流型シェアハウス イットコ