料金と設備

ゲストハウスとは?

「ゲストハウス」とは、基本的に素泊まりの宿で(とある宿は自炊ですが)、ホテルや旅館と比べて宿泊費が2000円から4000円と比較的安価な宿のこといいます。

その為、時間はあるけどお金がないといった学生さんや、人と交流することを目的とした旅好きに指示されている形式でもあるのです。 設備は、主にドミトリー(相部屋)があり、浴室・お手洗い等は共同、そして旅行者同士が集うリビングスペースや台所があり、他の旅行者同士が交流しやすい雰囲気の宿がほとんどです。 また、地元をよく知るゲストハウスのスタッフから地域のおすすめ店や絶景スポット等を教えてもらったりすることで、あまり知られていない新鮮な情報が得られることも魅力です。 近年、格安なゲストハウスの他に地域密着型やイベント型、観光地でない場所にたてられるゲストハウスも増えてきました。 新たな旅の形として、ゲストハウス体験してみてはいかがでしょうか。

間取り

  • 内観1
  • 内観2
  • 内観3
  • 内観4
  • 内観5
  • 内観6
  • 内観7

料金と設備

宿泊
            • ==8月より、料金改定・学生割引き設定をいたしました。7月19日までに申し込まれた方は以前の金額となります。==
            • *男女別相部屋ドミトリー5,700 円(1泊2食材料費込)
              • 小・中・高校生4,500円、小学生未満は3,500円となります。(お部屋の仕切りが襖と大きな欄間なので、音が筒抜けのため、お子様の滞在はご自身でご判断頂ければと思います。)
              • 学生さんは<学生証提示>で4,700円(1泊2食材料費込)
 
              • <大人・学生対象>古民家改修の助っ人キャンペーンにつき、古民家掃除や、荷物のあげおろし等をお手伝いくださる方は500円割引(学生割引からさらに)になります。希望者は予約時にお知らせください。
 
              • ・食事は、あるじや他の宿泊者の皆さんでわいわい食事作り(18時頃から)です。
              • ・バーベキューは別途500円(薪代・肉代として)いただきます <貸切の方はお申し出ください>
  • ★冬期(10月下旬~5月上旬)暖房費300円。
  • ★お酒類はお持ち込みください。村内商店でも購入可能です。(道の駅は日本酒多数です。)
  • ★だいたいの食事メニューはあるじにお任せください。料理ができない方も、簡単な作業を一緒にしてもらえたらと思います。
【駐車場】5月~11月 6台分、 12月~4月 2台分 有ります。 ※冬は、四駆、スタットレスが必須です。
チェックインとアウト
【チェックイン時間】
 15時から
バスで来られる方など それよりも早くなる方は、あるじが不在の場合がありますので、到着時間をお知らせください。荷物を預かることが可能です。夕食は18時頃から皆で作り始めます。宿泊費はチェックインの際に、現金にてお支払いください。
【チェックアウト時間】
 午前11時まで  
バスの時間や出発まで荷物を預かることが可能です。
(注意)会津田島から昭和村に向かう金子観光バスは12月~3月まで運休となります。
門限
宿は、住宅街に位置しています。 夜10時以降の外での大きな音はお控ください。
食材
【地元の食材を持って帰りたい!という方は】あるじが予め予約しておきますので、ご相談ください。郵送の場合は送料別途必要です。
                        • 田舎の野菜便さん米1Kg400円~ もちろん放射線量調査通過済み。あるじがお米の甘さに驚いたお米です。
                        • 青木農園さんの椎茸 生椎茸 100g150円~、原木ハウス栽培。放射線量調査通過済み。椎茸の本来のうまさがわかる椎茸です。
村内の食堂
貸出し
無料で貸し出ししています。必要な際は、あるじまでお声かけください。 
・Wi-Fi・洗濯機・脱水機・歯ブラシ・ドライヤー・半纏(真冬のみ)
<オススメ!!> 
昭和村内にある喰丸小(観光協会) でレンタサイクルを行なっています。是非ご利用ください(1泊2日800円など) 詳しくはこちらのサイトへ
Join the conversation